“Wa”は高級万年筆、文具をはじめとする
輸入雑貨小物を厳選して販売している通販ショップです。ブログ

ご購入・お問い合わせ

高級万年筆、文具、輸入雑貨小物販売 | Wa(ダブルエー) | ブログ

Homeブログ

先日出会った犬の話

りぃちゃん

その子はある家族の知り合いのところで生まれた。

引取ってくれる人がいなくて、知り合いだったある家族のお母さんに連絡が入った。
『女の子なんだけど飼ってあげてくれないかな?』

お母さんは犬も猫も苦手で触ることもできなかった。
でもせっかくかかった声だからと見に行くことにした。

その子はりぃちゃんという名前の柴犬の雑種。
生まれて間も無い小さな体とつぶらな目、それに人懐こく寄ってくる愛らしさに惹かれてお母さんは連れて帰ることにした。
でもやっぱり触るのは怖い…。
知り合いの方にカゴを用意してもらい入れてもらった。

家に帰ると夫がいた。
『飼ってあげたい』
そう告げると夫が
『お前触れもしないのに責任もって世話できるのか?ダメだ』
夫は犬を飼っていたことがある。
家族は世話ができる。
でもお母さんが連れてきたんだから…と優しく否定した。
お母さんは泣く泣く知り合いの家にりぃちゃんを返しに行った。

でもお母さんは諦めなかった。
ほぼ毎日知り合いの家に、りぃちゃんの元に通い触れるように練習した。

そして半年。
カゴを使わずに自分の家に連れて帰った。
これには夫も笑顔で迎えた。

りぃちゃんの新しい住まいは山沿いの家。
山側に庭があり、庭に面した納屋のようなところで過ごすことになった。
元気に走り回って欲しいというお母さんとお父さんの思いからリードは長くとり、庭の端の大きな木の根元まで行けるようにした。
納屋の出入口もりぃちゃんが頑張れば自分で開けられるようになっている。
木の根元がりぃちゃんのお気に入りの場所になった。

家族に迎えられたりぃちゃんをみんなで抱きかかえて、ちょうど“高い高い”をするようなことをしていたときあることに気が付いた。
『あれ?女の子じゃない。ついてる…男の子だ!』
冗談のようだが、本当に抱きかかえて見るまで誰も女の子と信じて疑わなかったのだ。
誰にでも人懐こく擦り寄ってくる可愛さ、吠えることも噛むこともない無い優しいところ、見知らぬものには怖がってお母さんの陰に隠れてしまうほどの臆病さ…およそ男の子らしいところが無かった。

名前もりぃちゃんと女の子ぽいものだったが既に定着していたこともあって男の子と分かったあともりぃちゃんと呼び続けた。

家族の愛情をいっぱいに受け、病気やケガも無くりぃちゃんはすくすくと成長した。

5年ほど前にはお父さんも定年退職を迎え、近くの畑仕事をするゆったりとした生活になった。
畑仕事に向かう軽トラの荷台に乗り、お父さんが畑仕事をしている時はその様子を荷台の上から眺めていた。
家に帰るとお母さんのところへ嬉しそうに駆け寄って行く。
そんな幸せな生活が続いていた。

りぃちゃんが13歳になった冬、それは起きた。
りぃちゃんの今まで聞いたことのないけたたましい鳴き声にお母さんが慌てて庭の方に駆け寄る。
さっきまで納屋の中で撫でていたはずのりぃちゃん。
自分でドアを開け外に出たようだ。
庭に目をやると黒い塊、熊。
こっちに向かって来るのが見えた。
りぃちゃんが一生懸命熊に挑んでいく。
猪や他の大きな犬に怯えてすぐにお母さんの陰に隠れるりぃちゃんが。
お母さんを守るために一生懸命吠える。
熊がりぃちゃんに向かう。
お母さんはその間に納屋のドアを閉めた。
りぃちゃんの一際大きな声が聞こえた。
りぃちゃんの声が消えた。
納屋のドアを熊が叩く。
りぃちゃんのおかげでしっかり閉めてある。
静かになった。
そっと外に目をやるとりぃちゃんがお気に入りの木の根元に横になっている。
『りぃちゃん』
お母さんが呼ぶ。
ゆっくりと起き上がるりぃちゃん。
『りぃちゃん』
ゆっくりと納屋に向かって歩いて来る。
近付くにつれてりぃちゃんの様子がおかしいことに気付いた。
顔やお腹が赤い。
顔の左側の目が裂かれて出ている。
お腹からは腸や脾臓が出ている。
それでも身体を引きずりながら大好きなお母さんの元へ歩いて来る。
お母さんが両手を広げてりぃちゃんを迎えると膝の上に…腕の中にりぃちゃんは身体を預けた。
お母さんは急いで家族に連絡を取り近くの病院へ。

病院の先生はりぃちゃんの様子を見ると絶句した。
出ている腸もところどころ切れて手の施しようが無い…。
先生達も3人がかりで頑張ったが…。
『このままの状態でもあと5時間ほどは生きられるでしょう。ただその間はやっぱり辛いと思います。家族が見守る中で安楽死を勧めます。』
家族全員が涙を流しながら決断した。
最期はキレイな姿で。
先生がお腹を縫い周りを拭く。

『お母さんを守ってくれてありがとう。』
お母さんが優しく撫でながら声をかける。
『りぃちゃん、やっぱり男の子だったんだな』お父さんが涙を流しながらも微笑みながら話しかける。

2016年12月4日。
みんなに見守られながらりぃちゃんは13年の生涯を終えました。

これは今月あった実際の話です。

そんな家族と犬の関係が素晴らしくて…凄く心打たれたので何となく知って欲しいなと思って書きました。


2017年02月19日 04:23 PM

大野市-亀山湯

IMG_0517 IMG_0518 IMG_0519 IMG_0520 IMG_0521 IMG_0522 IMG_0523 IMG_0524 IMG_0525 IMG_0526 IMG_0527 IMG_0528 IMG_0529 IMG_0530 IMG_0531 IMG_0532 IMG_0533 IMG_0534こんにちは❗️
今日はいつも行っている、ずっと紹介したかった銭湯の紹介ですo(^▽^)o

『亀山湯』
明治35年創業。
昭和8年にいま現在の建物に。
天井の扇風機・体重計・下駄箱・番台。
館内のレトロな雰囲気はまさに『銭湯』。

薪とおがくずで沸かすお湯は柔らかく、鉄分が豊富です。
お湯は熱めですが風呂の中は二層仕立てでゆっくり休めますし、元気になります
風呂釜の下から湧き上がる泡も相まって程よい水圧と浮遊感から疲れが癒されます(^^)

そして銭湯にいるおんちゃんもとても良い人で…僕が大野に馴染めたのは間違いなくこの人のおかげです!

この銭湯で色んな人達とも出会えますし最高の出会いの場所でもあります(^^)

なんか疲れたな〜と思ったらここに行くと復活できる。僕にとってはそんなリアルパワースポットです

大野に来て一番通った一番癒される場所。これからもよろしくお願いします!*\(^o^)/*


2017年02月16日 10:45 AM

拠点を福井県に

すごく久しぶりの更新です。

今更の報告ですが2015年7月2日に福井県大野市に仕事で訪れ、
9月に住民票も移動して拠点を千葉県から福井県にしました。

また、2016年8月7日に大野市在住の女性と結婚し本格的に腰を据えることになりました。

仕事もプライベートもバタバタして疎かになっていましたが
今年、2017年から再始動に向けて動き出します。

宜しくお願い致します。


2017年02月08日 08:09 PM

UEFAチャンピオンズリーグ&女子W杯サッカー

日本時間で6月7日の午前3時。
世界が最も注目するクラブでの欧州一を決めるUEFAチャンピオンズリーグ決勝。
2015年はバルセロナ(スペイン)対ユベントス(イタリア)の試合となった。
終わってみれば3-1でバルサの勝利で幕を閉じた試合だった。
結果は前評判通りともなったが観ていてとても楽しい試合だった。
今大会バルサはスペインを制したのは当然として、フランス・ドイツ・イタリアの各優勝クラブを破った。
本物の欧州制覇。強さは間違いなく本物。
とかくトップ3が注目されているが、この決勝でもMOMになったMFのイニエスタの働きがやはり大きい。
彼は2010年W杯・2012年ユーロ・2015年の今大会と3つの異なる国際大会の決勝のMOMに選ばれている。
これは史上初のこと。彼のサッカーセンスは世界一だということがこの試合でも証明された。
中盤に彼がいる限り当分サッカーの趨勢は変わらない気がする。

そして日本時間6月9日午前11時。
とうとうはじまりました!女子W杯カナダ大会!
みんなの期待を背負ったなでしこジャパン。
らしくない試合展開ではあったもののなんとかスイスに1-0で勝利。
課題が多く見受けられる試合ではあったけれどもとりあえず勝ち点を積めたので
決勝Tに入るまでに修正できれば連覇も見えるのかもしれない。
とにかく1試合ずつ着実にこなしていって欲しい。

ガンバレなでしこジャパン!


2015年06月10日 01:36 AM

築地~江戸城~科学技術館

先日、念願だった築地での昼食をとることができました。
前々からどうしても築地で海鮮丼を食べたいと思っていたのもあり、
友人からの何か食べに行きたいとの連絡で築地に行くことに。
昼過ぎ、築地で待合せてから途中にある築地本願寺を参拝。
寺社の独特の雰囲気を感じた後、築地場外へ。
築地場外で元気な誘引やおいしそうなものに目をひかれフラフラ・・・で、いつのまにか一周。
結局値段につられて場外の片隅にある『斬』へ。
海鮮丼・サラダ・味噌汁・茶碗蒸し セットで980円。
おいしかったです\(^o^)/

食べたあとは腹ごなしも含めて銀座を通り抜けて皇居へ。
天気も良くイイ散歩日和でした。
楠正成の像の下を通過し二重橋の方から敷地内へ。
中国人観光客が多かったな~それに合わせてなのか警察官も多かった。
で、桜田門にまわり一旦外へ。
警視庁や国会議事堂を左手に眺めつつ内堀沿いに散策。
半蔵門を過ぎて英国大使館を眺めながら乾門前へ。
横断歩道を渡り九段下方面に向かう途中であらわれるのが科学技術館。
せっかくだから立ち寄ることに。
閉館17時なのに入館したのが16時過ぎ。
受付のお姉さんが一時間しかないけど良いのか?と親切に確認してくれたけれども入場。
昔ながらの展示物の数々。
たしかに時間は少なかったけどお客さんもいなかったのでスムーズに見ることができた。
地震体験や様々な物質の成り立ちもなかなか面白かったです。
ただ、内容は子供向けに作られているので小学生のときに見ると良いかもしれない。
無事一時間以内に見て退館。

また他の博物館などに行きたいなと気持ちが動いた一日でした。

それから別件の用事でいざ八王子へ。
その内容はまたの機会に(^^)/


2015年06月07日 05:36 PM


ページトップ